■子育て中ですが、生理前に子供に叫んでしまう

 

・生理前は自律神経が乱れるもの
・叫びたい時はトイレや浴室で一人で!

 

 

子育ては、毎日家の中が戦場状態になってしまいますよね?

 

 

私自身も子供が小さい時は、イライラが止まらず子供のおもちゃを
壁に投げつけて壊してしまったことがあります。

 

 

普段からちょっとしたことで、いっぱいいっぱいになりやすい性格
ですが、子供には当たらないように気を付けていました。

 

 

しかし、ある時、少し子供がおもちゃを片付けなかったというだけで
怒りが爆発してしまい、その場にあった電車のおもちゃを壁にバン!

 

 

子供は、その時5歳だったので怒ってしまい、余計片付けないという
流れになってしまいました。

 

 

結局、自分で片づけながら、ひどく落ち込んだのを覚えています。
その3日後に生理が来て、生理前のイライラだと分かったのです。

 

 

こうした生理前のイライラは自律神経のバランスの乱れから来るもの。

 

 

生理前になると女性ホルモンのバランスが変わり、その影響で自律
神経が乱れてしまうのです。

 

 

自律神経は、交感神経と副交感神経で出来ています。

 

 

交感神経が優位の時は興奮状態で、副交感神経が優位の時は
リラックス状態になっています。

 

 

自律神経のバランスが乱れるとどうしても、交感神経が優位に立ちやすく
なりますので、子供の前でキレてしまう事態に繋がるのです。

 

 

もし、子供たちと接している時に、怒りが爆発しそうになったら、
トイレに駆け込むか、浴室に駆け込んで一人で叫びましょう。

 

 

また、大声で叫ぶと近所迷惑なので、叫ぶ時用のタオルを用意して
おいて、叫びたくなったらタオルを顔に押し当てて叫んでください。

 

 

誰でも叫びたくなるくらいイライラすることはあります。
叫んでしまうこと自体は、決して悪いことではないのです。

 

 

ただ、子供たちに向かって、子供たちの目の前で叫ぶのだけは
絶対にやめましょう!

 

 

子供たちは、お母さんの優しい顔や喜んでいる顔がみたいのです。

 

 

■叫ぶ以外のストレス発散をしましょう

 

・泣くことは笑うことよりもストレス解消になる
・泣くと一晩寝るのと同じくらいのリラックス効果がある
・副交感神経が活発に働くようになる

 

 

イライラしたら、トイレなどでタオルを顔に押し当てて叫ぶ。
これで一時的なストレスは解消できます。

 

しかし、一時しのぎばかりやっていては根本的な解決にはなりません!
ストレスを解消し、自律神経のバランスを整えるには、どうしたらいい
のでしょう?

 

 

その答えは、泣くことにあります。

 

 

泣くことで、笑うことにより高いストレス解消効果があることは、
すでに科学的に証明されています。

 

 

しかし、子供たちの前でなくと、心配をかけてしまいますよね?

 

 

子供たちが寝た後で、泣ける映画を観たり、ドラマを見たり、
悲しい出来事を思い出したりして、思いっきり泣いてください。

 

 

泣くことで、リラックス効果があるのは、副交感神経に刺激を与えて、
活性化するためでもあります。

 

 

副交感神経が活性化している状態で睡眠をとると、熟睡をすることが
出来ますよ!

 

 

また、生理前や生理直後は女性にとってかっこうの「泣き時」です。
普段よりも号泣で来て、気分はスッキリしますよ。

 

 

泣いた後はまぶたをティースプーンなどを優しくあてて冷やせば、
まぶたがはれることはありません。

 

 

■子供たちにもそれとなく話しておきましょう

 

・「時々イライラしちゃうけど、ごめんね」と伝えておきましょう
・叫んでしまったら、すぐに謝り子供たちの好きな料理を作るなどフォローを!

 

 

自分でストレス発散をして、子供たちの前で感情が爆発しないように
するだけではなく、子供たちにも話す必要があります。

 

 

生理前のPMSの症状について、子供たちにも伝えておくと良いでしょう。

 

 

ただ、子供たちは当然、生理のことはわかりませんので、月に一度イライラ
してしまうとだけ言っておいてください。

 

 

それだけでも、子供たちにも少しは心にゆとりが生まれますし、お母さん
自身にも少しゆとりが出来ます。

 

 

また、もし、子供たちの前で叫んでしまったら、すぐに謝り子供たちの好きな
料理を作ったり、好きなアニメを一緒に観たりしましょう。

 

 

すぐにフォローすることが大切です。
ショックを受けている子供たちにフォローしないことは、よくありません。

 

 

また、叫んでしまった日は旦那さんに一から十まで報告をしてください。
客観的な意見をもらえるので、良い対策が思いつくかもしれませんよ!

 

 

■なくことで美肌も手に入る?

 

・定期的に泣かないと涙腺が詰まってしまう
・涙腺を洗浄することかがあるので、顔の血行が良くなる

 

 

泣くことは、リラックス効果やストレス発散効果が期待できます。
それと同時に美肌効果も期待できるのです。

 

 

泣くことで涙腺に詰まっていた老廃物が押し流されて、洗浄されます。
涙腺の老廃物が流されると顔の水分の循環が良くなり、血行促進にも
つながるのです。

 

 

そして、肌のきめが整えば気分も良くなり、さらにストレスを軽くする
効果があると言われています。

 

 

肌がきれいになれば、それだけでストレスが軽くなりますよね?
また、感情を爆発させること自体はいけないことではありません。

 

 

大切なのは、感情の爆発させ方です。

 

 

子供たちにショックを与えない、周囲に迷惑をかけない方法で爆発
させてください。

 

 

泣くこと以外にも嫌なことを紙に書いて破るなどでもOK。
自分なりのストレス発散方法を探してみてください。